Skip to main content

ソース: АrсhDаilу
KGM2 ハウス / ミセル - 外観写真、ファサード

KGM2 ハウス / ミセル - 外観写真

アーキテクトが提供するテキストによる説明。 北側斜面の薄暗い敷地にあった住居を、山小屋で陶芸作業を行う住居に建て替えるプロジェクト。 屋外の障害物(作業を妨げる騒音、まぶしさや反射、熱環境、不必要な訪問者など)から作品と生活を守るための「要塞のような小屋」に対するクライアントの要求を考慮して、コンセプトは膜に基づいていました。外側を選択的に取り入れます。

KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真、階段、テーブル、梁KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真, キッチン, テーブル, 棚, 椅子

そこで、厳しい光環境からハイサイドライトを取り込めるシングルフローと、卍の形をした風車のように回転するシングルフローを組み合わせました。 隙間空間を温室のように透明な波板で覆い、光環境や空気環境などの結節点となり、隙間空間を細胞膜のような選択透過性のある空間として利用した。

KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真、キッチン

室内に光を通しつつ、屋根・外壁の通風空間と室内空間を高い窓でつなぎ、外壁から室内への通風・排熱のハブ的な空間とし、パッシブ化を実現。 + 置換換気、重力換気、換気スペースの風圧差による自然換気、および上部の換気ファンによる外部皮膚/室内環境のアクティブな調整。

KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真、梁、手すりKGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真, ダイニング ルーム, テーブル, 椅子

四角軸を東北に22.5度ずらした平面図で、隣地との段差により朝夕の日差しを色温度変化で通し、午後の日差しを遮り、3尺の透明波板で一度だけ光を通す。高い窓の開口部を通して、次に傾斜した窓のすりガラスを通して拡散光として。 高い窓の開口部などから、光を選択的に取り入れました。

KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真、窓、梁KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真, 梁

さらに、フロアプランは、構造のセグメンテーションとは異なる対角線をたどります。 複雑だが原始的な空間が内部に作られ、さまざまな環境を横断して混合する微地形環境で複数の活動が行われ、最も適した場所を選択し、柔らかい光の下で強い光が差し込むのを見ることができました。

KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真, 椅子

壁には窓がなく、切り欠きのある周囲の四隅に開口部が集中している。 その結果、開口部のない大きな壁面と、縦引き窓による局部的な気圧差による通気リングと、京都の鬼除けの隙間に似たえぐり形状が生まれました。 大きな壁が風を通し、光や絵画を映し出し、落ち着いた空間になりました。

KGM2 ハウス / ミセル - インテリア写真、キッチン

象徴的な窓を持たないことで、外からの視線を怖がらせる無駄な窓を排除したファサードとなり、開かないカーテンが支配する日本の街並みの中で、有機的な膜とその外形が新しい「家」の在り方を提案します。人間の家としての光の機能と家の象徴は、有機膜とその外形に置き換えられます。 作品は新しい「家」だったかもしれません。

KGM2 ハウス / ミセル - 外観写真、ファサード

見た目は無口で寓話的ですが、扇風機やヒーターのついた服、インナーアイ(消化器)、アウターアイ(受容器)など、選択透過性を持つ有機膜をベンチマークにデザインしました。

KGM2 ハウス / ミセル - エクステリア写真、窓、フェンス、ファサード
ソース: АrсhDаilу

Leave a Reply