Skip to main content

ソース: АrсhDаilу

高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所

高嶺町の家 / 宇野知明建築設計事務所 - 外観写真、ファサード

高嶺町の家 / 宇野知明建築設計事務所 - 外観写真、窓

建築家が提供するテキストによる説明。 敷地は緑豊かな高級住宅街にあり、名古屋大学や南山大学も徒歩圏内です。 以前クライアントのためにクリニックを設計したことがあり、これが 2 回目の依頼でした。 そのため、関係を温める時間もなく、すぐに具体的な設計を開始しました。

高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - インテリア写真高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - 画像 26 / 32高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - インテリア写真

このプロジェクトの最も重要な要求または使命は、フィールド メーソンリーと呼ばれる伝統的な石積みの方法を使用することでした。 最初は仕上げ材としてしか考えていませんでした。 しかし、伝統的な石積みの方法とその使い方について学ぶにつれて、自分が正しく考えていなかったことに気づき、しばらく途方に暮れていました。

高峰町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - 外観写真、窓、ドア、ファサード

もともと日本の石積みは、城の土台や城の土台、石垣などに使われていました。 アーキテクチャの一部になることを意図したものではありませんでした。 遺跡の目的と起源は、南米のものとはまったく異なっていました。 そのため参考になる過去の事例はありませんでした。 また、日本の石積みは、築き上げていくうちに徐々に反っていきます。

高峰町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - インテリア写真, リビングルーム, テーブル, 椅子高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - 画像 28 / 32高峰町の家 / 宇野知明建築設計事務所 - インテリア写真、キッチン、テーブル、カウンタートップ

これは、日本の長い歴史の中で、用途に合わせて石積みを積み重ねる最も合理的な方法であると考えられます。 この伝統的な日本の石積みを別の目的の建物の一部として使用することに、かなりの不安と不快感を覚えました。 しきたりをぶち壊しているというぎこちない気持ちが拭えず、プロポーズもできないまま時間が経ちました。

高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - 画像 25 / 32高嶺町の家 / 宇野知明建築設計事務所 - インテリア写真, リビングルーム

この行き詰まりから私を救ったのは、テナユカ (メキシコ) のピラミッドでした。 建築とは言えませんが、日本の石積みに比べるとかなりの建築様式です。 日本の伝統的な石積みで再現しようと思いついた瞬間、プロジェクトにかかっていた霧が一気に晴れて、そこからスムーズにプロジェクトを進めることができました。 その結果、ここに日本初の和式ピラミッドが完成しました。 しかし、中は石棺の部屋ではなく、依頼人の書斎。

高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - インテリア写真, 窓高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - インテリア写真

しかし、プロジェクトの開始後、石積みは再び私たちを悩ませました。 この石積みの圧倒的な存在感とリアルさでした。 もちろん、それを考慮した設計なのですが、目の前に巨石が見えたとき、すべてが貧弱に見えました。 計画されていた銅製のサッシはすべて、ボリュームのある鉄製のサッシに取り替えられ、黒ずんだ素肌のまま残されました。 床の質感や金具の素材やディテールも一新。 最終的な結果は契約時のアーキテクチャとはかなり異なりますが、このプロジェクトを自分で行うという利点を活かして、柔軟に最適な選択を行うことができたと思います。

高嶺町の家 / 宇野知明建築設計事務所 - 外観写真、窓高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - 画像 32 / 32

水庭と中庭の2つの庭をピラミッドとプライベート空間で囲むことで、プライベート空間を守りながら部屋に開放感を持たせる全体計画。

高嶺町の家 / 宇野智昭建築設計事務所 - 外観写真
ソース: АrсhDаilу

Leave a Reply