Skip to main content

ソース: АrсhDаilу

富田林の家 / 三谷正明

富田林の家 / 三谷正明 - 外観写真

富田林の家 / 三谷正明 - インテリア写真、ファサード、ビーム

アーキテクトが提供するテキストによる説明。 平屋庭の床、屋根、壁、開口部が関係をつくる。 この家は建築家の住居です。 敷地はなだらかな傾斜地の閑静な住宅街にあり、北側はシラカシの緑豊かな並木とクスノキの大木に囲まれています。 地区は、敷地境界からセットバック距離を持っており、隣接する建物の間により多くのスペースを確保しています。 そこで、北側から吹き抜けの庭に沿って中庭まで連続した緑の周回路を作ることで、家の中に緑豊かな環境をもたらすことで、周囲の環境と調和するランドスケープを作ることができるのではないかと考えました。

富田林の家 / 三谷正明 - 外観写真、窓富田林の家 / 三谷正明 - 画像 25 / 36富田林の家 / 三谷正明 - インテリア写真, ダイニングルーム, テーブル, 梁

また、建物の土台は表通りより1m高く、窓を大きく開放しながらも外からは中が見えません。 前庭、中庭、居間、北庭を囲い込むように構成し、それぞれの場所が重なる関係にある。

富田林の家 / 三谷正明 - 画像 29 / 36富田林の家 / 三谷正明 - 外観写真、ファサード、窓、中庭富田林の家 / 三谷正明 - 画像 34 / 36

さらに玄関から中庭、デッキテラス、居間、浴室、寝室と450mm間隔で床面が徐々に変化する。 屋根と庇は連続的に傾斜しながら各部屋と中庭を緩やかに繋いでいます。 壁と緑の重なりは、奥行きのある内と外の豊かな関係を生み出し、空が見え隠れする屋根の開口部、異なるフロアレベル、床の緑の重なり水平の奥行き感、囲い込み、上下層の重なりが生まれることで、建物がやさしく守られているかのような、さまざまな表情と心地よさを生み出します。 家は快適に暮らせるように設計されています。

富田林の家 / 三谷正明 - インテリア写真、階段、梁、手すり富田林の家 / 三谷正明 - インテリア写真, コンクリート

建物全体に木や屋根の陰影が遊び心を添え、床や壁を照らす陽射しが四季折々の表情を見せてくれます。 窓を開けると勾配屋根が優しい風を室内に導き、緑の香りが心地良い一体感をもたらします。 緑と周辺環境、住まいの各所との関わりを楽しめる住まいです。

富田林の家 / 三谷正明 - Exterior Photography, Facade
ソース: АrсhDаilу

Leave a Reply