Skip to main content

ソース: АrсhDаilу

ヘブン ザ エターナル エクスペリエンス パビリオン / Rnd Earth

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - エクステリア写真、森

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - エクステリア写真、森

建築家が提供するテキストによる説明。 風光明媚な景色を望むボウル型の等高線サイトは、インドのケララ州ピアマデにあります。 敷地の高低差は約1m~4mで、深い谷が続いています。 自然の風景は、バナナの木や他のいくつかの種類の木々がたくさんあるサイトに美しさを加えています. サイトの気候はほとんどが霧で、年間 9 か月連続して雨が降ります。 また、小さな排水管がサイトを通り抜け、雨水の自然な流れを下に向けるのに役立ちます.

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - インテリア写真、アーチHaven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - 画像 16/22Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - インテリア写真、アーチHaven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - 画像 17/22

建築を試すことは私たちにスリルを与え、より良い学習に役立ちます。 この実験的な性質は、私の建築のメンターである Ar にインスパイアされています。 ヴィヌ・ダニエル。 この構造は、起伏のある場所で牛舎のために行われた試験的なティンブレル ヴォールト構造です。 Timbrel Vault テクニックは、私の指導者である Ar に従っています。 Senthil Kumar Doss の Catenary ベースの Vault 構造。Timbrel Vault のインドの父であり、プロジェクトの実行全体を指導しました。

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - エクステリア写真、窓、森Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - 画像 21 / 22Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - 外観写真、アーチ、森

牛舎の保管庫を提案するアイデアは、地元で入手可能な材料を使用して経済的に低コストにし、鉄やコンクリートを使用せずに独自の方法で持続可能にすることです。 リサイクルされたロッド、モクマオウ、竹が建設サポートに使用されています。 敷地内に平坦な土地を配置し、ヴォールトのアンカーポイントを 0m、0.70m、および 2.1m の異なる 4 つのレベルに配置しました。 さまざまな高さの 4 つのカテナリー アーチが、金庫室の中で永遠の体験を生み出します。 厚さ 25mm の「Sithu kal」(小さなレンガ)の 3 層が使用されています。これは、半径 40km 付近のサイトの近くで入手できます。 カテナリー アーチの最大スパンは 6.6m、ヴォールトの最大高さは 3m です。

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - 外観写真Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - 内部写真

このヴォールトは完全圧縮構造で、構造からの力の伝達に応じて足場が設計されており、安定しています。 構造の形状は自然の地形に沿っており、自然の景観と木々を邪魔されずにカモフラージュしています。 自然の地形は一切取り除かれておらず、傾斜や周囲を考慮して構造が構築されています。

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - エクステリア写真、森、アーチ

また、サイトでの激しい風の流れと降雨を考慮して、構造の開口部が設計されており、雨水の流れを深い谷に向けるのに役立ちます。 この構造はカンガルーの物理エンジンから導き出されたもので、現場の表面を考慮し、荷重を適用して表面の最大の弾力性を与え、安定した圧縮構造にします。 既存のドレンは、排水処理に使用される構造物を通過することが許可されています。 雨の多い日や輪郭が深く、さまざまな困難がありましたが、総工期は 3 か月。

Haven The Eternal Experience Pavilion / Rnd Earth - エクステリア写真、森
ソース: АrсhDаilу

Leave a Reply