Skip to main content

ソース: АrсhDаilу

バロン39 ハウス / パコ オリア エスタジオ

Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、梁、窓、椅子

Baron39 House / Paco Oria Estudio - 外観写真、窓、ファサード、中庭

アーキテクトが提供するテキストによる説明。 このコミッションは、非常に親しい友人のカップルからのものです。 彼らが自分の家に付属する家を購入することを決定したとき、それはさらに早く始まり、私たちは最初の訪問に参加し、その可能性の印象がすでに現れています。 バレンシア大都市圏の住宅街であるゴデラにあり、裏庭のある半戸建て住宅の必須の類型がある低密度の地域にあります。 1949 年に建てられた元の家は、片側にカートや動物、その他の部屋のための広い入り口を備えた伝統的なタイプの傾斜屋根に対応し、裏庭を通って後ろのツール用の別の構造に道を譲っています。 この構図とその都会的な条件により、中庭と奥の建造物をそのまま残しながら、母屋の高さを増築することを想像することができます。

Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、窓、梁

家族のニーズと可能性に注意を払い、新しいプログラムを含めることを許可するが、最小限のボリュームと最小限の操作で表面の増加を調整するリハビリと拡張を提案します。 これには、家が成長する構造システムとしてのファサードとパーティ壁の柱の保存が含まれます。 状態が悪いか、建設が不十分であるため、他のすべてが取り壊されます。 このプロジェクトでは、1 階と屋根裏部屋を含めるために、ファサード スカートの最小高さを提案しています。 この増加は、すべてのフロアの照明と換気の状態を改善する新しい中庭が完成するまで行われます。 この拡張には、階段、寝室、トイレが含まれ、垂直方向に成長し、メザニンを利用して用途と表面を改善します。 内部の空洞からは、新しい構造に囲まれた大きな窓を介して既存のパティオに直接つながるデイエリアがあります。 環境レベルでは、新しい構造とエンベロープの素材の選択が鍵となります。 鉄筋コンクリートやスチールの使用を減らすなどの側面は、新しい基礎と衛生スラブだけに集中し、木材集成材とセラミックスが主役になる提案をもたらしました。

Baron39 House / Paco Oria Estudio - 画像 38 / 47Baron39 House / Paco Oria Estudio - 画像 42 / 47

木材の主な役割である効率性、汎用性、環境価値に基づいて新しい家を建てることを提案します。 そして、地中海性気候に必要な慣性を与えるために、セラミックはブロックまたはタイルのいずれかで二次的な役割を与えられています. 新しい柱や梁の木材、サンドイッチ パネルを使用したスラブ、既存の柱の補強、大工仕事。 巨大な要素として耐荷重壁を構築するためのセラミック ブロックと、舗装、仕上げ、台座用のテラコッタ タイル。 両方の材料は、当時選択された価値を回復し促進する、地域の伝統的な建設システムを思い起こさせます。 彼らが私たちに降りてきたのは伝統によるものであり、彼らは中心的な役割に値するので、彼らの効率と通貨を反映して、地中海のタウンハウスの現在のバージョンで生き続けることができます.

Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、階段、梁、柱Baron39 House / Paco Oria Estudio - 室内写真、バスルーム、窓、梁Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、木材、椅子

El proyecto propone la elevación mínima del faldón a fachada, para incluir la plantaprimera y altillo. Este aumento se realiza hasta un nuevo interior, que mejorará las condiciones de iluminación y ventilación en todas sus plantas. Esta ampliación incluye la escalera, y los dormitorios y aseos, creciendo en vertical y aprovechando los altillos para mejorar usos y surface.

Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、ドア、ファサード、梁、窓Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、ドア、ファサード、窓

一部の vacío interior se encuentra la zona de día, directamente vinculada al パティオ グランデ 存在テ a través de un gran ventanal enmarcado por la nueva estructura. 素敵なアンビエント、ラ・エレシオン・デ・ロス・マテリアルズ・パラ・ラ・ヌエバ・エストラクチュラ・イ・ラ・エンボルベンテ、セラ・クラーベ。 Aspectos como la reducción del uso del hormigón armado y el acero, concentrados sólo en la nueva cimentación y forjados sanitarios, dan como resultado una propuesta donde la madera y la cerámica aceptan el protagonismo.

Baron39 House / Paco Oria Estudio - インテリア写真、階段、ファサード、窓

Se propone construir la nueva casa basándonos en la eficacia, versatilidad y carácter medioambiental de la madera en el papel principal. Y para dar con la inercia que requiere el clima mediterráneo, se da el papel secundario a la cerámica, bien en bloques, bien en baldosas. Madera para nuevos pilares y vigas, para forjados con panelestipo sándwich, para refuerzo de los pilares existentes, y para las carpinterías. Bloques cerámicos para levantar muros de carga como elementos masivos, y baldosas de barro para pavimentos, remates y zócalos.

Baron39 House / Paco Oria Estudio - 外観写真、窓、ファサード、椅子

Ambos materiales permiten recordar los sistemas de construcción tradicional de la zona, rescatando y potenciando los valores por los que fueron elegidos entonces. Si han llegado hasta nosotros es debido a la tradición, y debemos darles el protagonismo que merecen, de modo que sigan vivos en una versión actual de la casa de pueblo mediterránea, como reflejo de su eficacia y vigencia.

Baron39 House / Paco Oria Estudio - 外観写真、窓、ドア、ファサード
ソース: АrсhDаilу

Leave a Reply